一人暮らし ウォーターサーバー

一人暮らし ウォーターサーバー【損をしない業者!】

MENU

一人暮らしにかかるウォーターサーバーのコストは?

ひとり暮らしウォーターサーバー

 

●1ヶ月にかかるコストは、
サーバーレンタル料水代(1人につき、1本12Lで計算)と
サーバーの電気代(平均約1,000円/月)です。

 

●1ヶ月の水の使用量の目安は、1人につき12リットルです。
・1人・・・1本(12リットル)

 

一人暮らしで始める ウォーターサーバーのチェックポイント!

一人暮らし ウォーターサーバーの選び方!

チェック

変更 定期発送ではなく、都度買いシステム!
 5種類 日中留守の場合でも対応可能な業者!
 ショート ウォーターサーバーのお手入れが簡単!
消費電力 1回の購入本数が少ない!
一人暮らしの消費量は、約12L×1本が目安です。 水が安くても、業者によっては定期発送で月2本からの注文が必要になっている場合もあります。欲しい時に注文できるウォーターサーバーを選ぶ ことが大切です。

 

一人暮らし ウォーターサーバーお勧めランキング

アルピナウォーターは、コストで比べるとアクアクララより安いのですが、
1回の注文で3本の水を注文する必要があります。(アクアクララは2本)

 

1回の注文量が多いと水が邪魔になってしまいがちです。

 

1位 アクアクララ

12Lの価格 サーバーレンタル料 発送地域 水の種類
1,200円(税別) 1,000円(税別)〜 全国 RO水

ひとり暮らしアクア

アクアクララは、全国宅配で知名度NO.1のウォーターサーバーです。電気代の安いサーバーが人気を集めています。
申し込む前に、ウォーターサーバーとウォーターボトル1本を1週間無料レンタルすることができます。
※最低契約期間:1年

ひとり暮らしアクア ひとり暮らしアクア

 

2位 アルピナウォーター

12Lの価格 サーバーレンタル料 発送地域 水の種類
948円(税別) 572円(税別) 関東・関西・中部 RO水

ひとり暮らしアルピナ

一人暮らしのコストで選ぶなら、アルピナウォーター!
関東・関西・東海の方にはオススメです。 日中留守の場合には、 新しいボトルは宅配BOXや指定場所に置いてもらえます。
また、水の保存に場所をとってしまわないように、パレット(ボトルを縦に2本を積み重ねる)の無料貸出を行ってくれます。
※最低契約期間:1年

ひとり暮らし ひとり暮らし