水 1日 摂取量

水は1日どれくらい飲む?

MENU

ウォーターサーバーおすすめ情報

ウォーターサーバーが初めての方も乗り換えの方も、安いウォーターサーバーをお探しなら「アルピナウォーター」です。
特徴は、月々のノルマが無いので、自分のペースで利用できます。また、定期的な無料メンテナンスを実施してくれることで、いつでも清潔な状態をキープしてくれます。

今なら、お得なキャンペーンを実施中です↓

アルピナウォーター

スタンダードサーバーは停電時でも利用でき、未開封なら水の消費期限は1年間。普段使いを使用しながら、いざという時の備えにもアルピナウォーターが使えます。

やじるしアルピナウォーター公式サイトへ

水は1日どのくらい必要?

摂取量

人間の体の60%は水でできていると言われています。

羊水は100%、赤ちゃんなら体重の80%が水です。

 

人間は一日に身体から尿や汗などで、2リットル以上でていきます。 水分補給を充分に行わないと脱水症状や熱中症になることがあります。 そのため、毎日こまめに水分補給することが大切です。

 

1日に必要な水分摂取量は、体重により水の量は異なりますす。1日に必要な水の量を測る目安として、体重から導き出します。
体重×1s当たりの必要水分量(ml) で求められます。
1s当たり必要水分量は、成人は50ml、幼児は100〜140ml、子供は50〜100ml、老人は40ml です。
おみそ汁や果物などの食物に含まれている水分も合わせての水分量ですので、食物の水分量、約1.5リットルを差し引いた水分量が必要となります。
あくまで目安の水分量です。真夏時やスポーツをした時は、これ以上の水が必要となってきます。

 

水の効果的な摂取方法

効果的な摂取方法

水分補給方法については、朝起きたらコップ1杯程度の水分を摂ります。

寝ている間にコップ1杯の汗をかきますので、補給します。
また、入浴や運動で汗をかくときは、あらかじめ水分補給をしておき、汗をかいた後でまた水分を補いましょう。