硬水 ウォーターサーバー

硬水 ウォーターサーバー<硬度の高い水は?>

MENU

ウォーターサーバーおすすめ情報

ウォーターサーバーが初めての方も乗り換えの方も、安いウォーターサーバーをお探しなら「アルピナウォーター」です。
特徴は、月々のノルマが無いので、自分のペースで利用できます。また、定期的な無料メンテナンスを実施してくれることで、いつでも清潔な状態をキープしてくれます。

今なら、お得なキャンペーンを実施中です↓

アルピナウォーター

スタンダードサーバーは停電時でも利用でき、未開封なら水の消費期限は1年間。普段使いを使用しながら、いざという時の備えにもアルピナウォーターが使えます。

やじるしアルピナウォーター公式サイトへ

硬水と軟水の違いとは?

硬水ウォーターサーバー

 

水の硬度(ミネラル成分の濃度を指す度数)によって"軟水"と"硬水"に分かれます。

 

水の種類

硬度

軟水

0〜60mg/L未満

中程度の軟水

60mg/L以上〜120mg/L未満

硬水

120mg/L以上〜180mg/L未満

非常な硬水

180mg/L以上

妊婦水

水の硬度が高い"硬水"ほどミネラル成分を多く含んでいます。

健康に気を付けている方、妊婦さん授乳婦さんは胎児(新生児)のために、より積極的にカルシウムやマグネシウムを摂取する必要がある方 には、硬水がおすすめです。
お水を飲むだけで、簡単に栄養を摂取することができます。
また、妊婦さんは便秘になりがちですね。
硬水に含まれる豊富なミネラル成分は、腸に働きかける性質を持っており、便秘に効果的だと言われています。

 

硬水で注意する点は、新生児からの赤ちゃんに硬水を飲ませると下痢 を起こしてしまいます。
赤ちゃんの内蔵は、消化・吸収の力、排泄機能が未熟で、ミネラル成分を多く含む硬水を飲ませると内蔵に負担が掛かってしまうからです。
赤ちゃんがミルクを飲む場合、離乳食作りには軟水がおすすめです。

 

硬水のウォーターサーバーを選ぶポイント!

硬水比較

妊婦さんは硬水で、赤ちゃんには軟水がオススメですので、水の変更ができるコスモウォーターがオススメですよ。

 

コスモウォーターは、軟水(硬度15のRO水)や中程度の軟水(硬度62:日田の誉)があり、契約中に何度でも変更ができるので、妊娠中は中程度の軟水を飲んで、赤ちゃんが生まれたら軟水に変更することができる便利な業者です。

 

コチラコスモウォーターの公式ページへ

 

ウォーターサーバー 硬度の高い水ランキング!

軟水のウォーターサーバーランキングです。

 

業者名 硬度 水の成分(1リットルあたり)

1うるのん
TOKAI

72mg/L

<富士の天然水>
バナジウム 100μg・カルシウム 13mg・カリウム 2.3mg
ナトリウム 54mg・マグネシウム 9.5mg
コチラ

2コスモウォーター
cosmo

62mg/L

<日田の誉:日田天然水>
カルシウム 16.6mg・カリウム 8.0mg・ナトリウム 48.8mg
マグネシウム 4.8mg・有機ゲルマニウム4μg
コチラ

3オーケンウォーター
oken

62mg/L

<大分天領の銘水:日田天然水>
カルシウム 16.6mg・カリウム 8.0mg・ナトリウム 48.8mg
マグネシウム 4.8mg・有機ゲルマニウム4μg
コチラ